薄型PS3にドッキングする液晶のHDMI対応バージョン登場。
省スペース&持ち運びに便利!「HD液晶モニター3 【HDMI対応】」7月26日発売
HORIからリリースされている、PS3にドッキングできる液晶モニター。
その最新版として、HDMI接続が可能なバージョンが発売。

HORIは,PlayStation 3にドッキングして利用できる
液晶ディスプレイ「HD液晶モニター3」HDMI入力対応版となる
「HD液晶モニター3 【HDMI対応】」を,
2012年7月26日に発売すると発表した。
価格は2万6800円(税込)となっている。

PS3HDMI
2jpg



本製品は,PlayStation 3本体の上部に設置することで,
ちょうどポータブルBlu-rayプレーヤーのような形にできるというディスプレイだ。
対応するPlayStation 3はCECH-2000/2100/2500/3000シリーズで,
ディスプレイには,解像度1366×768ドットのグレアパネルが使用されている。
ステレオスピーカーも内蔵しているので,
PlayStation 3と本製品を組み合わるだけで,
場所を取らずにゲームをプレイできるというわけである。

従来製品との違いは,入力インタフェースがAVマルチ,
コンポジットから,HDMI,D端子の2系統に変更されたこと。
HDMI,D端子ともに,PlayStation 3専用規格というわけではないので,
ドッキングを考えなければ,ほかの家庭用ゲーム機も接続できるだろう。 

【主な仕様】
液晶方式:TFT
液晶サイズ : 11.6型ワイド
表示面積(横×縦):256.125mm×144.00mm
最大表示解像度 :1366×768
画素ピッチ:0.1875mm×0.1875mm
表示色:262144
視野角度:上下50°(上:15°下:35°) 左右90°(左:45°右:45°)
最大輝度:200cd/平方メートル
コントラスト:500:1
応答速度:8ms
対応スキャン方式:480i、720p
バックライト:有(LED式)
映像入力:2系統
●HDMI端子入力×1 ●D端子入力×1
音声出力
●ステレオスピーカー搭載 ●イヤホンジャック×2
外形寸法(幅×奥行×高さ):295mm×255mm×55mm
本体重量 約 860g、ACアダプタ重量 約 120g
音量・明るさ調整機能付き
HDMIケーブル付属 (ケーブル長 約 230mm)
専用ACアダプタ付属
http://www.4gamer.net/games/038/G003884/20120627011/ 


HDMI入力対応版が登場。
一般的なモニターなどと比べるとその特殊性からか若干割高になってますが、
購入を躊躇していた人は、このHDMI入力対応版になったので検討してみてもいいかもしれません。

使用用途を考えてみました。
やっぱり、液晶のない部屋でのプレイですかね!
自動車内で、電源を「セルスター(CELLSTAR) パワーインバーターミニ(DC12V専用) HG-150/12V」などを
利用してBlu-rayやゲームを楽しむこともできそうです。
この液晶の消費電力が記載されていないのでまだ出来るか分かりません(^_^;)PS3は約70~80W
持ち運び便利で省スペースにできますね。

7月26日発売、26800円です。


Amazon予約リンクです。
【HDMI対応】SCEJライセンス商品 HD液晶モニター3 HDMIケーブル 同梱
 

備考欄:
地震の影響もあり、引き続き計画停電が続いている関東地方。この原稿を書いている今も 
電力不足による大規模停電が警戒されており、まだ当分の間はなるべく無駄な電力消費は 
控えた方がよさそうです。 

さて、そんな中ゲームユーザーも、わずかでも節電に貢献できないだろうか――ということで、 
今回は主な家庭用ゲーム機の消費電力をざっくりと調べてみました。なお スペックにも 
よりますが、一般的な据え置きPCで大体150~200W程度、32型の液晶テレビで100~150W程度の 
消費電力なので、参考にしてみるといいかもしれません。 

PS3(ゲーム中):現行モデル 約70~80W/初代 約170~180W 
Xbox 360(ゲーム中):現行モデル 約80~90W/初代 約170~180W 
Wii(ゲーム中):約18W 
携帯ゲーム機(ゲーム中/ACアダプタ使用時):約3W 

家庭用ゲーム機の中で注意が必要なのは、初期モデルのPS3とXbox 360。これらのハードは 
処理性能も高い反面、消費電力も他のゲーム機に比べてかなり高め。いずれも現行モデルでは 
消費電力が半分以下に抑えられていますが、それでも70~90Wとやや大きめの数値と 
なっていますので、節電が必要な時にプレイするのはちょっと控えた方がいいかもしれません。 
一方で、同じ据え置き機でもWiiの消費電力はわずか18Wと、かなりの省エネ仕様。 
またDS、PSPなどの携帯ゲーム機はいずれも3W前後と、据え置き機に比べて格段に 
消費電力が少なくなっています。 

ちなみに、どのハードもスタンバイ/スリープモード時には消費電力は2W前後まで抑えることが可能 
(WiiConnect24オンの場合、Wiiは 9~10W)。主電源ごとオフにした方がいいのは言うまでも 
ありませんが、こまめにスタンバイ/スリープモードに切り替えるだけでも相当な節電効果は 
ありそうです。 

ITmedia Gamez 
http://gamez.itmedia.co.jp/games/articles/1103/17/news077.html