楽天電子書籍端末「kobo Touch」7月19日に発売!
同じ通販王手Amazonの電子書籍「Kindle」との勝負に参戦。
楽天ユーザーならこちらを選択するかな。

楽天は2日、電子書籍端末「kobo Touch」
7月19日に発売するとともに、同日に電子書籍サービス
「koboイーブックストア」のサービス提供を開始すると発表した。
端末の価格は7980円と、既存の電子書籍端末より
大幅な安価に設定されている。



楽天は昨年11月に、北米などで電子書籍事業を手がける
カナダのKobo社を買収し、子会社化していた。
すでに米国やカナダのほかに、フランスやドイツ、
オランダなど8ヵ国でもサービスを展開しており、
そこに日本でのサービスも加わる形になる。

楽天代表取締役会長兼社長の三木谷浩史氏は発表会での説明で、
日本の文学やコミックには優れたものが多数あり、
海外でも評価されている一方で、日本人の読書時間や
購入額が減っていることを挙げて、読書量の減少は
国家的危機であると警鐘を鳴らした。その上で、
オープンな標準規格である「EPUB3.0」に対応した
グローバルプラットフォームであるkoboには、
国内市場だけでなく海外への展開にも利点があるとしている。

楽天が日本で展開するkoboイーブックストアは、
サービス開始時には日本語の書籍が3万冊、
日本語以外の言語も含めると240万冊以上の
コンテンツをラインナップするという。購入には楽天の会員IDを使用し、
楽天市場での通常の買い物と同様に、
電子書籍の購入にもポイントが付与、
またポイントでの支払いが可能となっている。

電子書籍コンテンツのフォーマットには、
前述のとおりEPUB3.0を使用する。
スタート当初の端末はkobo Touchに限られるが、
パソコンから書籍の購入や閲覧、端末への転送が可能な
デスクトップアプリを無料で提供する。
また、Android用の閲覧アプリも提供の予定である。

楽天


サービス開始時期は7月19日と間近に迫っているが、
現時点ではkoboイーブックストアにコンテンツを提供する
出版社の名前は公開されていない。

発表会では、日本の大手出版社の一般書籍やコミック、
ライトノベルが映し出されたスライドも公開されており、
多くの出版社と交渉、または契約締結が進んでいることをうかがわせた。
将来的には国内だけで、150万冊のラインナップを目標としているという。 

楽天2



6インチ E-Inkの電子ペーパー端末
無線LAN機能で直接購入可能




専用端末となるkobo Touchは、Koboが海外で販売している
端末のファームウェアを日本語対応に変更したものである。
IEEE 802.11b/g/n対応無線LAN機能を内蔵し、
直接電子書籍の購入が可能である。本体カラーは4色で、
前面がホワイト、裏面がブルー、ライラック、シルバーの3機種と、
前後面ともにブラックの1機種がラインナップされている。 



楽天3


ディスプレーは電子書籍端末では一般的な、
E-Ink社のタッチパネル式電子ペーパーを使用する。
解像度はスペック表に記載されていないが、
階調はモノクロ16階調。書籍を読む分には問題はないが、
コミックの表示には解像度や階調でやや物足りない面もある。

バッテリー駆動時間は非常に長く、同社では連続駆動時間を
約1ヵ月としている。
バックライトは搭載しないが、
暗所での読書用に本体上部に取り付ける
「クリップ型リーディングライト」をオプションで用意している。


楽天5


内蔵のストレージは2GBで、一般的な書籍(約1MB)なら
1000冊程度を収録可能としている。また本体右側面には
microSDカードスロットを備えており、
32GBのmicroSDカードに最大3万冊を収録できる。
対応フォーマットはEPUB3.0とPDF。

楽天6


軽さと薄さもkobo Touchの特徴である。
サイズは幅114×奥行き165×高さ10mmで、
わずか1cmの厚みとなっている。重さは約185gと、
スマートフォン並みの重さである。

kobo Touchの端末自体は、既存の電子ペーパー型電子書籍端末と比べて、
軽さ以外では特に変わったところはない。
独自色を打ち出しているのは、「ソーシャルリーディング」と称する、
読書の情報をFacebook経由で公開する機能「Reading Life」である。
読んでいる本の書名やジャンル、読書時間や読んだページ数などを、
Facebookに投稿。感想を友人に公開して楽しむといった使い方ができる。

楽天7


また、家庭用ゲーム機にある「実績」サービスと似たような機能として、
「バッジ」機能がある。書籍を読むことで条件をクリアするとバッジを獲得でき、
得られたバッジ情報もFacebookで公開できるというものだ。
Facebookと公式に連携している電子書籍プラットフォームは、
koboが唯一のものであるという。

端末はサービス開始と同日の7月19日から販売開始の予定。
「楽天市場」や「楽天ブックス」のほかに、家電量販店での販売も行なう。
また書店店頭での体験スペースも展開の予定である。
「楽天kobo」のサイトでは、すでに予約も開始している。 
http://ascii.jp/elem/000/000/706/706507/ 


るな00221

公式サイト
 


ポイントプレゼントがあるのでお得に感じますね。
内蔵のストレージは2GB
さらに 32GBのmicroSDカードに最大3万冊を収録可能なので容量的には
問題無いですね。
好みの問題となるでしょうか (´・ω・`)