Windows Updateでエラーが出て更新できない人は一度「Fix it」を試してみよう。

「Fix it」は診断・修復ツールとして マイクロソフトが提供している。
WindowsPCならOSの環境を調査して、
トラブルが見つかったら自動的に修復。
Windows Updateでエラーが出て更新に失敗するという人は、
「Fix it」を使ってみよう。
 

■ OSを診断してWindows Updateのトラブルを解消

るな00287
Fix it」のダウンロードページを開いて右下にある画像の部分の「今すぐ実行」をクリック。
EXEファイルをダウンロードしてインストールしよう 。
私の環境では、グーグルクロームのブラウザを使ってダウンロードが完了しませんでしたので、
インターネットエクスプローラーを使ったほうがよさそうです。  

るな00288
WindowsExplorerを使用すればここで、実行を押すことで起動します。
るな00289

「Fix it」を起動して「同意する」をクリックすると診断が開始される

るな00292
るな00293
るな00294

選択肢が表示されるので、上の「問題を検出して、解決方法を適用する(推奨)」をクリック。


るな00297

発生している問題の種類を選択。よく分からない場合は「その他、または不明」を選択

るな00295


診断が完了。解決済みの問題と、未解決の問題が表示される

るな00296


 「問題は解決しましたか」の画面が表示される。診断は終了しているので右上の☓で閉じてしまってもOK。 


これでもう一度
Windows Updateを試してみよう。