任天堂がインターネット接続なしでのファームウェアアップデートや
隠しストレージ機能の特許を取得。



Nintendo Everythingで、任天堂が取得したニンテンドー3DSが便利に
なりそうな2つの特許を取得していたことを伝えていました。
今回明らかになった任天堂の特許は現在の3DSに搭載することが可能な、
考えようによっては非常に便利な機能となっています。

1) ダウンロードプレイでのシステムアップデート

事前にチェックボックスにチェックをいれておけば、ダウンロードプレイで相手の
3DSが自分の3DSのファームウェアより新しければシステムアップデートを
ダウンロードプレイ相手の3DSからプレイ前にダウンロードすることが
可能になる
という機能です。

この機能が搭載されればインターネット接続をペアレンタルコントロールなどで
許可していないような、子供に使わせている3DSをそのままの設定で
アップデートできるようになります。

2) ダウンロードプレイタイトル保存用隠しストレージ
ダウンロードプレイは、対応タイトルのゲームカードリッジを持つ3DSから
ダウンロードプレイ用ゲームをダウンロードしてプレイする機能ですが、
その都度相手からデータを受け取らなければならないためプレイを
開始するまでにその分の時間がかかっていました。
そのデータを3DS内にある隠しストレージ内に保存しておくことが
できる
機能です。

元データを持つ3DSが近くにいる前提のダウンロードプレイでないと
起動できないような制限はあると思われますが、再ダウンロードの手間は
確実に省かれますので便利になることは間違いなさそうです。

実際に実装されるかどうかの確実な情報ありませんが、非常に楽しみな
機能ではあります。こんなことはないとは思いますが、上記機能を実装した
ファームウェアへアップデートするとデフォルトでダウンロードプレイ時に
アップデータを自動で受け取る設定になっていて、気がつかないと
ダウンロードプレイで知らない間にファームウェアが常に最新の状態に
なっていてびっくりするというオチがないことを祈ります。
http://gamegaz.com/201207148719/
http://nintendoeverything.com/

現段階では特許取得したばかりなので、すぐに実装するとは考えにくいですが
実装されたら便利になりそうです。