iOS版Google Earthが3Dに対応!


Google

グーグルがiOS版の『Google Earth icon』をアップデート。
マップの3D表示機能などを追加しています。

バージョン7.0.0となる今回のアップデートでは、先月発表されたマップの3D表示、
バーチャルな旅ができる「ツアーガイド」、の2つの機能が追加されています。

マップの3D表示では、航空機で都市部を走査線のようにスキャンし、
そのデータから3次元のモデルを作るという技術を採用。
建物から街路樹にいたるまで、どの角度・縮尺でも立体的に観ることことができます。

Google (1)


3D地図を作成するために小型航空機を専属チャーターするなど、かなり本気に
取り組んでいるだけあって非常にきれいな立体化を実現しています。
対応するのはiPhone 4Sおよび、iPad2 と第3世代iPad(iPad3)の3機種。
3D表示に対応している都市は現在のところ、サンフランシスコ・ロサンゼルス
ボストン・ジュネーブ・ローマに限られていますが、今後追加していく予定とのこと。
この機能を利用するには、iPhone 4S・iPad 2以降が必須となります。
http://ipodtouchlab.com/2012/07/google-earth-ios-3dmap.html

現段階ではサンフランシスコ・ロサンゼルス
ボストン・ジュネーブ・ローマに限定されていますが
iOSユーザーの方は早速試してみましょう。