Apple製iOSスマートフォン「iPhone」付属のイヤホンで
出来る8つの操作を紹介。


着信応答や写真撮影など、iPhone付属イヤホンのリモコンでできる8つの操作


iPhoneを最近購入された方であれば、リモコンとマイクを搭載したイヤホンがついてきたかと思います。リモコンといってもボタンがたった3つしかない、いたってシンプルな作りのものです。

実はこのリモコンを使って、さまざま操作ができることをご存知でしょうか? ニューヨークのAppleショップ「Tekserve」のChris D'Landoさんが、iPhoneリモコンでできる8つの操作をまとめてくれていましたので、ご紹介します。

知っているようでよく知らないリモコン(主にこの真ん中のボタン)を使ってできる小ワザたち。普段からイヤホンを使っている方も知らなかった! という機能があるかもしれません。


    1. Siriの起動

    iPhone 4Sユーザーの方であれば、本体に触れることなく「インテリジェントパーソナルアシスタント」ことSiriを立ち上げることができます。Siriを立ち上げるにはセンターボタンを長押しします。


    2. 写真を撮る

    カメラアプリが立ち上がっている状態であれば、ボリュームアップ(+)ボタンを押すことで撮影ができます。残念ながらこの機能はデフォルトのカメラアプリのみで、『Instagram』などでは使用できません。


    3. 動画や音楽の再生/一時停止

    センターボタンのデフォルト機能は、音楽や動画の再生/一時停止です。センターボタンを押すと切り替えられます。


    4. 曲やチャプターをスキップ

    センターボタンをすばやく2回押すと、再生中の曲をスキップし、次の曲(動画なら次のチャプター)を再生することができます。プレイリストやアルバムを再生している際にはなかなか便利です。


    5. 早送り/巻き戻し

    再生中のトラックを早送りするにはセンターボタン2回連続で押し、2回目を長押しします。巻き戻すにはセンターボタンを3回連続で押し、3回目を長押しします。センターボタンから指を離すと、また再生は開始されます。


    6. 電話に出る、電話を切る

    電話がかかってきた場合、センターボタンを一度押すことによって電話に出ることができます。イヤホンにはマイクがついているので、そのまま話をはじめて大丈夫です。また通話中にセンターボタンを押すことにより通話を終了することができます。


    7. 着信に出ない

    かかってきた電話にでられない場合(でたくない場合)、センターボタンを約2秒ほど長押しします。ボタンから指を離すとビープ音が2回鳴るはずです。ビープ音が聞こえたら、ちゃんと着信は切れています。


    8. 複数通話の切り替え

    割り込み通話がきた場合、センターボタンを押すことにより、現在の通話からかかってきている通話、または待機中の通話への切り替えられます。また現在の通 話を終了し、もう一方の通話へ切り替えるには約2秒ほどセンターボタンを長押しします。ボタンから指を離すとビープ音が鳴るので、一方の通話が終了したこ とを確認できます。


通話に関する機能は、運転中などに重宝するちょっとしたワザだと思います。

意外にいろんな操作ができるのですが、実際にこれをサクサクと使いこなせるようになるまでには、少し時間がかかりそうです。キーボードショートカットを覚える時のように、しばらくは意識的に使ってみてください。慣れればスムーズにできるはずです。

http://www.lifehacker.jp/2012/08/120810iphoneremote.html
公式サイト:iPhone 
知らなかった機能がありますね。
覚えるまでは表を見ながらになりますが3つのボタンで結構いろいろな機能
があるものですね(^_^;)