Wi-Fiで接続可能なUSB3.0のポータブルHDD「HDW-P500U3」の紹介。

HDW-P500U3」 は、Wi-Fiで接続可能なUSB3.0のポータブルHDD。

大容量のファイルをPCなどからコピーしておいて、
Wi-Fiを使ってスマホからアクセスすることが可能。
本製品はバッテリー内蔵なので、外出先でコンセントや給電用USBポートがない環境でも動作可能。
バッテリー動作は約4.5時間の連続使用可能とのこと。


無線LANはIEEE 802.11n/g/bに対応。
ワンタッチ無線接続方式「AOSS」や「WPS」にも対応なので、設定は簡単。
PCとの接続はUSB3.0で有線接続可能。
USB3.0規格ですがUSB2.0/1.0しかないパソコンにも接続することが可能。


Wi-Fi機器は3台同時に接続可能。
Android、iPhoneなどのスマホや、タブレットからも同時に接続。
本体サイズは84×23×130mm、重量は約285g。
価格は2万3205円(税込み)。
るな000115
 

メーカーHP:buffalo

製品仕様

るな000114


■Wi-Fi機器と直接ワイヤレス接続



、Wi-Fi機器と直接ワイヤレス接続し、データの送受信が可能。3G回線も、無線LAN親機も不要で、必要なときにいつでもすぐに使用できます。



■複数のWi-Fi機器から接続できる。



本製品は、様々なWi-Fi機器と接続することができます。また、HDDへのアクセスは複数(3台)のWi-Fi機器から同時に行うことも可能です。



■AOSS/WPSでかんたん接続



無線LANワンタッチ接続方式の“AOSS”“WPS”に対応。本製品とWi-Fi機器のボタンを押すだけで、接続・セキュリティ設定が完了できます。



■バッテリー内蔵で電源不要



本製品はバッテリーを内蔵。あらかじめ充電しておけば、あとは使用したいときにスイッチを入れるだけ。ACアダプターや接続ケーブルによる給電は必要なく、約4.5時間の連続使用が可能です。


■高速インターフェース「USB3.0」に対応


本製品は、高速インターフェース「USB3.0」端子を搭載。USB3.0対応パソコンに接続して、最大転送速度5Gbps※、USB2.0の約10倍※の高速転送が可能。データが大きい動画ファイルの転送もらくらくです。

※記載の転送速度は規格値です。実際の転送速度とは異なります。


■強力な暗号化方式「WPA2」対応

無線LANの業界団体Wi-FiAllianceによる、強力な無線LANセキュリティー規格「WPA2」を採用。従来規格のWPAと互換性を持ち、無線LAN暗号化方式「AES」に対応しています。


■持ち運びしやすいポータブルタイプ


持ち運びが可能なポータブルタイプのHDDです。バッテリーと無線機能を搭載しながら、285gの軽量ボディを実現。カバンに入れてもかさばらず、気軽に携帯できます。
BUFFALO ミニステーション Wi-Fi&USB3.0用 ポータブルHDD 500GB HDW-P500U3 


かなり便利な感じですが500Gで1万8000円とお高い印象(^_^;)

るな000116
さすがにHDD+バッテリー+Wi-Fiなので仕方ないですね。



BUFFALO ミニステーション Wi-Fi&USB3.0用 ポータブルHDD 500GB HDW-P500U3