「Google Chrome v21」 最新安定版が公開。

Google Chrome v21
最新版の「Chrome 21.0.1180.89」では計8件の脆弱性に対処。
このうち不正なキャストに起因する脆弱性など3件は、危険度が同社の4段階評価で
上から2番目に高い「High」と位置付けられている。
このレベルの脆弱性を悪用された場合、サンドボックス内部で任意のコードを
実行されたり、セキュリティ機能をかわされたりする恐れがある。
脆弱性情報を寄せた外部の研究者には、程度に応じて1件につき
500~1000ドルの賞金が贈呈された。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1208/31/news032.html

ユーザーの方は、アップデートしておこう。
危険度はHighなので必ずという感じではないですが、セキュリティ関連なので
アップデート推奨レベル。



ダウンロード:Google Chrome v21.0.1180.89