ガンダムカフェがついに全国展開へ、大阪など商圏の大きい都市部から
バンダイナムコホールディングス(HD)は14日、傘下のバンダイが運営する
人気アニメ「機動戦士ガンダム」をモチーフにした直営カフェ
「ガンダムカフェ」を、全国の主要都市に展開する方針を明らかにした。

現在2店舗を出店している都内に続き、大阪や名古屋など大都市圏を中心に
今後出店を拡大する。幅広いファンが親しめる飲食業態でガンダム関連収益の
底上げを図る。

同HDの石川祝男社長は「ガンダムのファン層は幅広く、多くの人が親しめる
コンテンツを提供する必要がある」と判断。ガンダムの最初のテレビ放映から
30年以上が経過し、親子孫の3世代が楽しめる交流の場としてカフェの
利用需要を見込む。収益性を見ながら順次、大阪や名古屋、広島など
商圏の大きい都市部に出店を進めていく。

また、石川社長は「飲食はエンターテインメントのひとつとして考えている」と強調。
HD傘下のナムコが展開するアミューズメント施設内でも、ガンダムカフェのような
キャラクターをモチーフにした飲食業態を展開していく計画だ。

ガンダムカフェは2010年4月に東京・秋葉原に1号店を出店。劇中に出てくる
登場人物の名前や地名をイメージしたメニューやグッズを販売している。
年間約40万人が利用し、年間売り上げは目標の2億円を突破するなど
好調に推移。12年4月に東京・台場に2号店を出店した。

今月20日には東京駅八重洲口の東京駅一番街に3号店のオープンを予定しており、
年に1店舗のペースで新店舗を展開している。(西村利也)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121214-00000019-fsi-bus_all

るな001363

ガンダムカフェ公式サイト 

まずは都市部からの進出ですがこれから増えていくので行きたくても遠くていけなかった
ガンダムファンには嬉しい情報ですね。