PS Vita開発者向けツール流出
PS3NEWSで、ソニーの携帯ゲーム機PlayStation Vitaの開発者向けツール
Sony PS Vita Compiler SDK Toolchainが流出したことを伝えていました。

開発者向けツールは本来一般に出回ることはないはずですが、悪意を持つ人物が
意図的にネット上で公開すれば流出は簡単に起こります。流出されることがないよう
ソニーは開発者と契約しているはずですが…

流出させたのはPimmeldiskoと名乗る人物で、29th Chaos Communication Congress
(29C3)に於いてEpic Gamesから出たPS Vita SDKの文書を流出させた人物と同一です。
確信犯的に流出させたと言って良いでしょう。

Sony PS Vita Compiler SDK Toolchainは147.3MBあり、PS Vitaのデバッグツールや
エラーコード一覧、ライブラリやモジュール、サンプルコード、ソースコードが含まれており、
開発機(DEM-3000GやDEM-3000Hで、資料によるとDEM-3000Hが新型開発機のようです)
とSDK 0.945(またはそれ以降)があればHomebrewをコンパイルできるそうです。
PS3シーンもそうでしたが、最近のハックは流出から始まってます
http://gamegaz.com/2013010310456/


2013年中にPS Vitaハックが本格的になりそう感じ、
ソニーの対策が気になります。