PSPのゲーム中にXMBに戻らず 即別ゲームが起動できる
プラグイン 「QuickBoot 3.1」が公開されました。

リリースはwn氏。 通常PSPで別ゲームに切り替えるには、
ゲームを終了しいったんXMBに戻り 通常ならばUMDの入れ替え、
CFW(LCFW)導入済みPSPでも、再度XMB上から やりたい
別ゲームを起動しなければなりませんが、「QuickBoot」は XMBに
戻らず直接別ゲームの起動を可能にしてくれるプラグインです。
好きなゲームを次々と 切り替えてプレイすることが出来るようになります。 


更新内容 

・quick_boot.iniに DEFAULT_LISTを追加
・コードの一部を最適化
・メニューを開く/メモステにアクセスする時にフリーズするバグを修正 ・MENU_BTN (呼び出しボタン)で使えるキーを追加 {HOME, SCREEN, VOL UP, VOL DOWN}
・MENU_BTN のキーの記入方法を L -> LTRIへ R -> RTRI に変更
・ライセンスは一部GPLv2でその他はフリーです。 22t PSPで電源ONからゲームを直接開始できる AutoStart v5.1 PSP ゲーム中にXMBに戻らず 別ゲームをすぐに起動できるプラグイン  「QuickBoot 3.1」




・QuickBoot 3.1 をダウロード後、解凍します。

QuickBoot 3.1
 


・解凍後出てきた releaseフォルダ内にあるseplugins フォルダを メモステ(ef0)のルートディレクトリにコピー。 prxcmlib_pack をダウンロードし、中にある libフォルダをメモステ(ef0)の sepluginsフォルダにコピーします。

prxcmlib_pack
 


・sepluginsフォルダ内の game.txt を開き下記記述を追記します。 

PSP ms0:/seplugins/quick_boot.prx 1 

PSP go ef0:/seplugins/quick_boot.prx 1 


・続いてquick_boot.ini を開いてプラグイン起動キー(ホットキー)の設定を行います。 
面倒ならばデフォルトのままで構いません。その場合のデフォルトキーは「♪」になります。


・ 「MENU_BTN = NOTE」部分がホットキー。 

使用可能なボタンは NOTE, START, SELECT, L, R, UP, DOWN, LEFT, RIGHT, TRIANGLE, CROSS, SQUARE, CIRCLE 計13個、 
最大3つまで組み合わせが可能になっています。 
例としてNOTE(♪)を、Rトリガー + SELECTの組み合わせで打ち替え。
組み合わせを行うには全て『|』で区切ります。 Rトリガー + SELECT の場合は下記の記述。
真ん中を『|』で区切ります。 保存して終了。 


・最新バージョンではUMD ISOドライバの設定も可能になりました。  
「UMDMODE = 」の後に任意の半角数字を入力する事で変更設定が可能です。 
該当する数値は以下。 
0 = Normal ドライバ 
1 = M33 ドライバ 
2 = NP9660 ドライバ 
3 = ME/INFERNO ドライバ (PRO/INFERNO、ME/MEドライバ) 

デフォルト=NP9660 ドライバ


・再起動してプラグインを有効化。 何か適当なゲームを選択してプレイ。 QuickBoot ゲームを切り替えたくなったら先ほど設定したホットキーRトリガー + SELECT か、 デフォルトの「♪」アイコンを押します。


・メインメニューが表示されます。 十字キーでメモステ内のアプリやISOファイルを選択し×ボタンで実行。 


・ XMBに戻らず直接ゲームが切り替わる!  さらにメニューを呼び出し、別ISOファイルを選択。(またはホットキー入力)