「Panda Cloud Antivirus」は、世界初のクラウドコンピューティングを
利用したアンチウイルスソフト。

従来のアンチウイルスソフトと大きく異なる特徴を持つこのソフト、
通常のアンチウイルスソフトでは、定期的にサーバーから更新データをダウンロードし、
最新状態でウイルススキャンを実施する、というものでしたが、「Panda」は
新規ウイルスの分類作業やスキャン作業をクラウドシステムを使って行うので、
ソフトを起動させているすべてのPCからの情報に基づく常にリアルタイムな更新、
最新状態の維持が実現されています。

ゆえに軽い軽いと言われますが、どれほど軽いかと言うとRAM使用量は
平均わずか17MB。通常のアンチウイルスソフトに比べ、PCへの負荷は
50%以上軽減されているそうです。
にも関わらず、2400万を超えるマルウェアをクラウドで検出し、毎日出現する
新種のウィルスにも 6分以内に自動対応するという、PCに常駐する
ウイルス対策ソフトの重さに不満を持っていた方には、まさにピッタリな
ソフトとなっています。

超動作の軽いクラウド型アンチウイルスソフト 
「Panda Cloud Antivirus」


1・Panda Cloud Antivirus をダウンロード後、インストール。


Panda Cloud Antivirus

2・フリーで利用可能です。無料で使うには「Free Edition」、
有料版で使うには「Pro Edition」にチェック。
「Pro Edition」では振る舞い検知機能の追加や広告が削除されます。



3・インストールが完了すると、タスクトレイに常駐します。
右クリックからメニューを表示。




最初のフルスキャン時にはかなり動作が重くなります。
ウイルス発見率は問題ないですが、ウイルス駆除能力は低いので隔離しておいて後に処理する必要があります。