2012年6月14日発売予定のNintendo3DS向けバクバクアクションゲーム
ゴン バクバクバクバクアドベンチャー」の新情報が公開されました。
『ゴン バクバクバクバクアドベンチャー』テレビアニメが題材のアクションゲーム

■『GON-ゴン-』とは?
1991~2002年の10年間、週刊『モーニング』(講談社)で連載された作品が、原作の雰囲気を残しながらもファミリー層がより楽しむことのできるフルCGアニメーションとして復活! 2012年4月の日本放送に続き、韓国・欧州・アジア各国・北米でも順次放送が予定されている“全世界向けのアニメ作品”だ。原作者は、講談社ちばてつや賞大賞、ウィル・アイズナー漫画業界賞(1988年・USA) 最優秀ユーモア賞、最優秀外国作品賞など数多くの賞を受賞している田中政志先生。 

■ゴンを操作し、いろいろな物を食べながら進もう
本作には、ゴンを操り食べ物を求めて大自然を冒険する“アドべンチャーステージ”と、
辿り着いた餌場に集ったライバルたちと対決する“サバイバルバトル”の2種類のステージが用意されている。

■食べまるバクバクアクション
ゴンは、ステージ内に散らばった食べ物を食べながら進んでいく。時間の経過とともに減少する“まんぷくゲージ”がカラにならないよう、食べ物を食べて食べてゲージを回復させよう。まんぷくゲージがカラにならない限り、ゴンはゲームオーバーにはならないので、お腹が続く限り何度でもクリアーを目指して進むことができる。また、特別な食べ物“パワーフルーツ”を食べることで、触れただけでほかの動物を吹き飛ばす“パワフルモード”も発動する。

■ジャイロセンサーで大自然を探検
ステージ中の各所には、いろいろなものが隠されている。ニンテンドー3DSのジャイロセンサーを使い、ニンテンドー3DS本体を動かして周辺を見回すことで、先に進むための仕掛けを解いたり、ときには隠された食べ物や動物を見つけることができる。見つけた食べ物や動物はそれぞれ“たべものずかん”、“どうぶつずかん”に登録されるので、ずかんのコンプリートを目指そう。

■待ち受ける大自然とライバルたち!
森、川、海、砂漠、雪山、洞窟、沼地……。自然溢れるステージには、それぞれの場所に生息するバラエティー豊かなライバル動物たちと、海流や流砂など、自然を生かしたギミックが待ち構えている。それらのギミックをクリアーするため、ゴンはステージを進むごとに新たなアクションを覚えていく。すでにクリアーしたステージも、新たなアクションを身につけて探検することで、新しい発見があるかも!?

http://www.famitsu.com/news/201204/12012695.html



公式サイト:ゴン バクバクバクバクアドベンチャー

ゴン バクバクバクバクアドベンチャー
ゴン バクバクバクバクアドベンチャー