USBで手軽にVitaを電源ONでも充電が可能
巻き取り式USBケーブルのレビューがGIZMODOで掲載。

純正のモバイルバッテリーも発売され、
発売当初から色々言われてきたPS Vitaの
電源周りの事情も少しずつ改善されつつはありますが、
PS Vitaのヘビィユーザーは純正のUSB-ACアダプタと
USBケーブルを持ち運ぶ日々が続いているのではないでしょうか。
そんな中、ようやく単体で充電できる
USBケーブルがいくつかのサードパーティから発売されました。

000388

アクラス製 PS Vita用巻取り式USB充電&データ切替ケーブル  

クール・クラウン製の方は本体の電源をOFFにしないと、
充電できないと書かれていたので、
今回はアクラス製PS Vita用
巻取り式USB充電&データ切替ケーブルを選びました。
000389


製品名にもあるように、
充電とデータ通信の切り替えが可能で、
USBケーブルをPS Vita本体に接続する前に切り替えておけば、
充電と通信をそれぞれ使い分けられます。

早速、自宅にあるいくつかの機器でPS Vitaの電源ONのまま、
USB充電を試してみたところ、いくつか使えないものがありました。 
000386


また、Vita純正のUSB-ACアダプタは
USB側の形状にくぼみがないと
接続できないようになっているため、使えません。

とりあえず、今回購入したUSBケーブルで、
PCやPS3など多くのUSB機器で、
問題なく充電できたので、よかったです。
これまでPS Vitaの電源確保のため、
純正のUSB-ACアダプタを持ち運んでいた人には
朗報だと思いますね。

気になるお値段は、
僕がAmazonで購入した時は982円でした。
この手のUSBケーブルとしては、
若干高いような気はしますが、
似たようなUSBケーブルが各社から発売されるようになれば、
価格はもっと下がるんじゃないかと思っています。
 http://www.gizmodo.jp/2012/05/ps_vitaonusb_rc.html 


電源オンのまま充電できるアクラス製のは便利ですね。


000388

アクラス製 PS Vita用巻取り式USB充電&データ切替ケーブル  



こんな商品も予約受付中です。
PSVITAで使用できないバッテリーやACアダプタのUSB端子に差すことで
手軽に変換できます。
PS Vita用USB変換コンバータ『USB変換コンバータV』