ソーシャルゲーム会社各社の次の一手となるのでしょうか。
コンプリート(コンプ)ガチャが違法となり(個別に措置がとられるのは7月1日から)、
ソーシャルゲーム各社の「次の一手」に注目が集まっている。
早くも新しいガチャを発売したところもあれば、コンプガチャの自粛で逆に
ユーザーから不満があがっているタイトルもある。

コンプガチャ自粛をいち早く発表したKLabは、5月16日より、コンプガチャに代わる
新しいガチャを、同社の「真・戦国BUSTER」にて導入した。

ike_120521gacha01


新しいガチャは1回1000円。10種類のレアカードがランダムで出現し、
すべてコンプリートするとさらにレアな限定カードが手に入る。
従来のコンプガチャと違うのは「出現するカードがダブらない」という点だ。
つまり10回引けば必ずコンプリートが約束されている。


一見コンプガチャとよく似ているが、抽選方法に偶然性が絡まない
(10回引けば必ず揃う)ため、景品表示法が定める「懸賞」の定義からは
外れる可能性が高い。


「カード合わせが禁止されているのは、その方法に欺瞞性が強く(いつか揃うと思わせて
なかなか揃わない)、なおかつ著しく射幸心をあおるためです。その方法を聞くかぎりでは、
1万円で必ず揃うのであれば、欺瞞性はなく、射幸心をあおるものでもないと言えるのでは」
(内田鮫島法律事務所 伊藤雅浩弁護士)。

ike_120521gacha02


一方、バンダイナムコゲームスの「ガンダムカードコレクション」では、コンプガチャを
自粛したことで、「以前よりウルトラレアカードが出にくくなった」といった
不満がつのっている。

コンプガチャを自粛する代わりに、今まではコンプガチャ特典だったウルトラレア級の
カードを、通常の課金ガチャでも出るようにしたが、出現率がかなり低く設定されて
いるらしく、掲示板には「出ない」という書き込みが殺到した。
「コンプガチャの方が、進行具合が分かるからよかった」「これでは改悪だ」といった
コメントも目立つ。課金ガチャを引く様子をニコニコ生放送で配信した人もいたが、
このときは7万5000円払ってもウルトラレアは出なかった



コンプガチャ廃止による売上への影響は、上記KLabの場合でおよそ15パーセント減と
見込まれている。この減少分を補うため、今後コンプガチャに代わる新しいガチャや
課金のモデルが出てくるのは間違いないだろう。
ガチャをめぐるソーシャルゲームメーカー/ユーザーの模索と混乱は、まだしばらく続きそうだ。
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1205/21/news089.html

完全にイタチごっこのような流れになってきていますが、
確実に揃うなら問題ないでしょう。