Google Chromeがブラウザの
世界シェアで週間1位に。
アクセス調査会社StatCounterの調査で、Google Chromeが週別集計で
初めてInternet Explorer(IE)を抜き、世界シェア1位となった。
StatCounterの調査では、Chromeは登場以来シェアが増加し続けてきた。
5月14~20日の世界全体の週間集計で、Chromeが32.76%、
IEが31.94%
となり、初めてChromeがIEを逆転。世界シェア1位となった。
その他のブラウザーは、Firefoxが25.47%、Safariが7.08%、Operaが1.74%

るな017


バージョン別のウェブブラウザーの集計では、2011年11月にChrome 15が
IE 8を上回っているが、今回は全バージョン合計でChromeがIEを上回った。
また、1日単位では週末になるとIEのシェアが下がり、逆にChromeのシェアが
上がる傾向が続いており、日間集計ではChromeがIEを逆転する日もあったが、
今回初めて週間集計でもChromeがIEを上回った。

同期間の国別の集計では、Chromeはブラジル(49.23%)や
アルゼンチン(51.15%)などの南米諸国と、インド(42.70%)や
マレーシア(44.30%)など南アジア・東南アジア諸国でのシェアが高い。
同期間の日本のシェアは、IEが52.59%、Firefoxが19.66%、Chromeが17.67%。
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20120522_534411.html?ref=rss

これまでずっとトップに君臨していたInternet Explorer(IE)敗北。
人気ブラウザはGoogle Chromeという結果に。
ブラウザは自分にあったものが一番ですね。
パスワード等のアカウント情報をブラウザに保存する際には、
Chromeでは、簡単にパスワードが表示できてしまうために、管理には気をつけよう。
複数のブラウザを使っていろいろなサービスで複数アカウントを持っている時に
それぞれのブラウザにログイン情報を保存して、ログイン作業を短縮することもできます。



Google Chrome