今夏配信予定となっている、Xbox 360版「スカイリム」のDLC「Dawnguard」
E3公開のプレイムービー。



GTTVに登場したBethesdaのTodd Howard氏は、
Xbox 360版『The Elder Scrolls V: Skyrim』における
DLC“Dawnguard”が、6月26日に配信予定であることを明らかにしました。

今回は発売日が決定したことと共に、
E3中にて公開された動画や各メディアが
プレビューにて披露したゲームのディテールなどを
まとめてお伝えします。
Vampire Lordの存在やそれと対をなす派閥Dawnguardなど、
DLCの詳細は以下の通り。

■DLCの概要やE3デモに関する情報

* 約15時間から約20時間のコンテンツを収録。

* プレイヤーはVampire Lordか、ヴァンパイアハンターとして
派閥Dawnguardに所属するかを選ぶことになる。

* “Dawnguard”のコンテンツが導入されると、
プレイヤーは「Dawnguardがハンターの募集を行なっている」
という情報を衛兵から聞くことができる。
ただしコンテンツが展開されるのはレベル10から。

* 物語の中心は“Tyranny of the Sun”なる予言書。
Vampireを絶滅させるような何らかの効果を持っており、
Vampireたちはこれを止めようとしている。

* E3デモでは、スケルトンやゴースト、霊魂が出現し、
周囲で雷が落ちるあの世との狭間“Soul Cairn”が登場。
また吸血鬼らしきSeranaという赤い目を持つ女性の存在も確認。

■派閥Dawnguard

* Dawnguardに所属することで、
武装したトロールの召喚アビリティを覚えることが可能。
Crossbowをはじめとした武器や防具のクラフティングも行える。

* Crossbowは弓矢ほどリロードが早くないが、
高いダメージやノックバックチャンス効果などが
アドバンテージとなる。スキルツリーは存在せず、
パークは既存のArcheryツリーから適応される。

■Vampire Lord

* Vampire Lordは『TES V: Skyrim』内のVampireとは異なる。
プレイヤーはWerewolfのように羽の生えたVampire Lordに変身し、
好きな時に元の姿へ戻ることが可能。

* さらにVampire Lord時に左アナログスティックを押し込むことで、
“歩行状態”と“浮遊状態”へ移行することができる。
歩行状態では両手を使って近接攻撃を行う。
浮遊状態では、キャラクターはホバーするように水面の上も移動し、
魔法攻撃を行う。比較的長いものの、
浮遊状態には制限時間があるとのこと。

* Vampire LordはBats、Vampire Sight、Raise Dead
といったアビリティを持つ。Batsはコウモリへと変身し、
数メートル先に移動するテレポート能力。
Vampire Sightは60秒間の暗視能力を与える。
Raise Deadでは、Vampire Lordの右腕には常に
Drain Life効果が付いており、このDrain Lifeや
噛み付き攻撃で敵を倒すことで、Vampire Lordのパークツリーが成長していく。

* Vampire Lordのパークには、ボーナスでヘルス、
マジカ、スタミナを上昇させる“Power of the Grave”、
敵を引き寄せてライフを吸収し吹っ飛ばす
“Vampire Grip”なども存在。ガーゴイルを召喚する
“Summon Gargoyle”や、敵を麻痺させる“Corpse Curse”、
低レベルの死体を復活させる“Vampire Servant”、
自身の攻撃に毒ダメージを追加するものなども。

* Vampire Lordへの変身能力を得ると、Werewolfへの
変身能力は失われる。ただしVampireプレイが気に入らなければ、
Werewolfへの変身アビリティを取り戻すことも可能とのこと。

* IGNが聞いたところによれば、デモでは確認できなかったものの、
Werewolfにも新たなスキルツリーが登場する可能性があるとのこと。

http://www.g4tv.com/videos/58929/the-elder-scrolls-v-skyrim-dawnguard-dlc-e3-gameplay-demo/

クロスボウのダメージが高いことが意外ですね。
特殊能力が面白そう(^^)