CDが売れない原因を探すアンケート結果が発表(´・ω・`)
「CDが売れなーい!」と音楽業界が叫び出してからかなりの時間が
たちました。確かに、2000年にはシングルCDの生産枚数約10,500万枚、
CDアルバムの生産枚数約27,600万枚でしたが、これが2010年には
シングルCDの生産枚数約5,100万枚、CDアルバムの生産枚数
約15,600万枚になっています。
つまり、シングルCD、アルバムCDとも10年でほぼ半分にまでなっています
(一般社団法人日本レコード協会のデータによる)。
CDの購入意欲について調べてみました。

調査期間:2012/2/29~2012/3/4
アンケート対象:マイナビニュース会員

有効回答数 1,000件(ウェブログイン式)
 まずはCDを買うかどうかを聞いてみました。

Q.CDを購入しますか?
はい 38.4%
いいえ 61.6%

Q.CDを購入する頻度を教えてください。
1カ月に何枚ぐらいCDを購入しますか?


1枚未満(1カ月に1枚買わないときもある) 84.1%
1枚 5.2%
1~3枚 7.5%
4~5枚 1.8%
6~7枚 0.5%
8~10枚 0.3%
10枚以上 0.5%

これはちょっと痛い結果、ほとんどの人が1カ月に1枚買うか買わないかです。

Q.なぜCDを購入しないか、その理由を教えてください。

インターネットショップ(itunesStoreなど)で購入するから 18.7%
レンタル店で借りるから 49.0%
音楽ソフトを購入しない 35.9%
そのほか 7.5%


衝撃の結果です。
一番多いのは、「レンタル店で借りるから」が約半数。
その次の理由、約36%が「音楽ソフトを購入しない」です。
つまり「CDを購入しない」で、「借りる」、あるいは「買わない」のです。
インターネットショップのおかげでCDが売れないのではないわけです。
そもそも「音楽ソフトにお金を出す人」が減っているということではないでしょうか。

「そのほか」を選んだ人の回答のうち、一番多かったの、約17%の人が
「YouTubeなどで聞く」、「動画サイトで見られるから」などのお答えでした。
この「そのほか」では「図書館で借りるから」という意見もありました。
http://news.mynavi.jp/c_career/level1/yoko/2012/06/cd.html

確かにyoutube便利ですよね(^_^;)
AKBのように特定の人に売れているアーティストもいますが