bb01_640x480 
PSVitaに外見がそっくりのアンドロイド4.0搭載タブレットが発売されました。

PSP風、またはPS Vita風のゲーム特化型Androidタブレット「S5110」が
東映無線ラジオデパート店で販売中。
メーカーは中国のJXDで、販売価格は9580円。
ディスプレーにはマルチタッチ対応の5型静電容量式タッチパネルを採用、
搭載OSは最新のAndroid 4.0になっているほか、静電容量式のタッチパネルを
実装するなど、従来機と比較してもスペックアップが見られる。
bb02_640x480



CPUはCortex-A9ベースの「AML8726-M3 1GHz」、メインメモリーは512MBで、
ストレージ容量は4GB(システム領域含む)、ディスプレーサイズは5型
(800×480ドット)。ショップによれば入力精度も上がっているらしい。


bb04_640x480

方向キーやボタンにはキーボード機能が割り振られ、標準でもOS操作や
ブラウザ操作に使用できるものの、やはり真価を発揮するのは
ゲームプレイにおいてと思われる。
入力精度の向上で、シビアな入力を要求される格闘アクションなどでも
活用が期待できそう。
bb03_640x480



本体サイズは幅195×奥行き86.6×高さ17mmで、重量は249g。
IEEE 802.11b/g/nの無線LANに対応するほか、外部ストレージとして
最大32GBのmicroSDHCカードを使用できる。
背面に搭載するカメラは 30万画素。本体のほか、充電用USBケーブル、
イヤホン、ACアダプター(サービス品)が付属する。
bb05_640x480

http://ascii.jp/elem/000/000/702/702646/


9580円とは安いんではないでしょうか。
カメラは30万画素なら無いほうがいい気がする(^_^;)
本家の用にWi-Fiオンオフも搭載されています。
HDMI1080pは本当でしょうか
名前だけ?
外部ストレージにmicroSDHCカードまで使える神仕様(笑)