恒例のGameSparkリサーチから、
「大手メーカーのゲームイベント参加辞退についてどう思いますか」 という
アンケートの結果を取り上げてみます。

るな00217


Game*Sparkリサーチ
『大手メーカーのゲームイベント参加辞退についてどう思いますか』
結果発表


読者の方々の回答では“参加辞退は致し方ない”という意見が
大半を占めています。その理由としてはインターネットや各プラットフォームでの
配信環境が整ってる昨今ではいつでも最新情報が入手・提供できるため、
メーカー及びユーザーともにわざわざ会場まで足を運ぶ必要性が
薄れてきている
事が挙げられています。

以下コメント抜粋

------------------------------------------------------- 
2 さんのコメント...
賢明な判断。
来場側も行列のイメージがあるから行きたくない。
ネットで情報はすぐわかるし。
近年のソーシャル進出も気分が悪い。

------------------------------------------------------- 
5 さんのコメント...
TGSみたいなショーは時代が変わったんだしもう必要が無い。
ただしAMショーみたいな業務用機器のショーに関しては、
末端ユーザーは触れようが無いので今後も継続して欲しいところ。

ぶっちゃけ去年はTGSの横でAMショー開催してたけど、
TGS見る物なくて早々に退散、AMショー見てる時間の方が長かった。
------------------------------------------------------- 
ゴリさんのコメント...
市場規模の縮小を実感。
去年からレベル5もいなくなったし、
ブースよりも多くのスペースが行列と人混みで構成されてて
年々さびしくなってる印象を受けています。
それでいて、いお金払って行っても
遊べるタイトルは2,3本などということもあって、
正直交通費+入場料を考えると割に合わなかったり。

業界あげて世間一般に訴えていく方法を、
イベント以外にも考える必要があるんじゃないですかね。

------------------------------------------------------- 
22 さんのコメント...
地方民にとっては東京(関東)一極集中の各種イベントに対して
常に冷ややか
。今回の各社発表も正直どうでもいい。

以後地方の都市にもっと目を向けるべきだと思う。
顧客は日本全土に居るのですよ。

------------------------------------------------------- 
水陸両用さんのコメント...
メインで提供するものがデジタルですからねぇ。
各々配信されるものを見た方がメリットが大きいんですよね。
ユーザーもメーカーも。多分この流れは止まらないかと
(というか主催社などの都合で流れを妨げるようなことはしない方がいい)
昔はダッシュで体験版ディスクを取りに行ったりしてたんだよ。 
ホントだよ(笑)
------------------------------------------------------- 
37 さんのコメント...
ネットで配信でもした方がゲーム好きはよっぽど食い尽くし
情報も正確に伝えられるしいいんじゃね
とりあえずTGSは参加費が高額すぎる
自社イベント開催したほうが安く済むとかもうね

------------------------------------------------------- 
くぇrさんのコメント...
ゲーマーじゃなくて声優ファンやらコスプレ目当ての人が
年々増えていくようなイベント
だからなあ・・・
宣伝効果はあまり見込めないんだろうな

宣伝といえば、ニコ生でHALO36時間?とかいうのやってたけど
50万視聴もあって、さらに本体もソフトも売り切れたみたいだね
ニコニコ公式が主催で、TGSみたいな何千万とかかるイベントに比べて
ものすごい低コストだし、宣伝のやり方じたい変わっていくんだろうな

もしかするとそのうちE3もなくなるのでは??
 
47 さんのコメント...
新作発表の場はあってもいいかもしれないけど、
展示されてもどうせ行列に並んでたら一握りのタイトルしか
プレイできないわけだし、それならプレス向け発表会でも
いいんじゃないかとは思う。

------------------------------------------------------- 
52 さんのコメント...
 youtube,ニコニコで独自チャンネルで宣伝したほうが
費用対効果の面で有効なんでしょう
 わざわざ東京まで行かなくても同じ情報を受け取れてるなんで
いいことだし
 実機を手にとって体験できないのは、実際に通っても
長時間並んで1.2個触れるだけなら、
プレイ動画みれれば大体のゲームの面白さは判断できるのは
もう実証されてる
クリエーターの交流というの面もあるけど和ゲー製作者にそれは必要ないでしょう
http://gs.inside-games.jp/news/342/34274.html  

コメントはすごい的確ですね(^_^;)
確かに、費用がかかってしまうのは問題です。安価に済ませる方法も現在では、
多数あります。PSNストアやyoutube、ニコニコ動画等。
参加者側もインターネットを使って情報収集できることや、
入場料が高い問題、行っても行列で一握りのタイトルにしか
触れられないといった問題もあることも事実ですね。
ゲーマーじゃなくて、声優ファン、コスプレ披露&目当ての人になっていって
いるのは本当でしょうか。しかし、企業側は需要の変化には柔軟に対応するのが
正解であると考えます。